2015年09月04日

8月20日 福岡市中部水処理センター

IMG_0668.jpg IMG_0673.jpg IMG_0676.jpg

上下水道をテーマにした社会化見学の第4弾は、福岡市のぴかぴか(新しい)中部水処理センターでの再生水ぴかぴか(新しい)についてです。

福岡市は昭和53年に晴れ大渇水があり、287日の断水の歴史があります。

確かに私が子どもの頃、給水車あせあせ(飛び散る汗)が家の近くに来て、その給水車あせあせ(飛び散る汗)から水を分けてもらった記憶がありますよ。

そんな歴史的な大渇水より、福岡市民は水を大切にしてきました。

この再生水(下水処理水を浄化・消毒した水)の事業規模は日本一だそうです。

たらーっ(汗)水の大切さを確りと学べました。

福岡市の再生水事業
http://www.city.fukuoka.lg.jp/data/open/cnt/3/29121/1/FukuokaCity_ReclaimedWater.pdf

posted by よしよし at 17:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。